Loading...

ドライバーマネジメント

FIA-F4 JAPANESE SERIES ( VSR Lamborghini SQUADRA CORSE Formula Junior Team )
ブラジル人ドライバー、グスタボ・ミヤサバ選手(左)とニコラス・コスタ選手の日本国内レース挑戦をランブラスがフルサポート。
VISAの問題や、住居、食生活等のサポート業務を、イタリア、ランボルギーニ社からの依頼で受託しました。

世界を目指すレーシングドライバーにとって、必要不可欠なものは、優秀なマネジメント・チームです。

各国の各レースカテゴリーには、名門と呼ばれるチームがあり、名エンジニアと呼ばれる人がいます。
そういった知識や人脈を最大限に生かし、3年~5年計画でそのドライバーの歩むべきベストウェイを考える。
勝てるドライバーになるためには、勝てるエンジニア、勝てるマシン、そして勝てるチームが必要です。

しかし、多くの若手ドライバーは、海図を持たずに荒海に航海に出るような形で、
わずかな情報のみで欧州レース界に飛び込んでしまい、不必要な苦労と無駄な資金を浪費します。

もちろん、それは国内レースに於いても同様です。

ランブラスの誇る豊富な人脈と世界的なレーシングネットワークは、貴方の夢の実現へ最強の友となるはずです。
もちろん、チームとの交渉以外にも、メディア対応やフィジカルトレーニング、
ドライバーコーチングを含めて、総合的にドライバーのレベルアップを図ります。


アマチュアレーサーからプロフェッショナルドライバーへのステップアップを含め、
あなたの人生のサポーターとして、レーシングドライバーのいわば伴侶として、、


最高のマネジメントスタッフが、貴方をお待ちしています。

詳細はメールにてお問い合わせください。

元F1世界チャンピオン、ミカ・ハッキネン氏とモナコGPのピットで旧交を温め、談笑する弊社代表 町田英明 (2011年GP3参戦時)。

ミカ・ハッキネン氏の日本でのPRは弊社、町田が担当しました。

ミカ・ハッキネン氏がイギリスF3を戦っていた頃から親交を深め、F1デビュー時にはチーム・ロータスの日本向けPR担当業務を受託。F1世界チャンピオンを目指す彼の生きざまを日本国内で幅広くPRし、多くの日本企業のスポンサーを獲得しました。

有限会社ランブラスとミカ・ハッキネン氏は、今も親交が続いています。
FCJでの4輪レースデビューから、レース歴わずか3年で、ランボルギーニ社とファクトリー契約するに至った道見ショーン真也選手も、ランブラスのマネジメントです。

国内レースから海外レース参戦に至るまでのチームとの交渉、住居の確保、トレーニング環境の確保はもちろん、キャリアアップのサポートに至るまで、最短期間と最低予算でプロフェッショナルへと成長させました。
貴方のレーシングチームを立ち上げるのも、夢ではありません。
2005年、ランブラスはモータースポーツのオリンピック、A1グランプリ参戦を決意。A1 TEAM JAPAN (ドライバー 野田英樹・福田良・下田隼成)を立ち上げ、日本代表チームとしてフル参戦しました。
突然の海外F3スポット参戦。関口雄飛選手の2011年マカオF3参戦の舞台裏は、これ以上ないほどの綱渡りの連続でした。スポンサー交渉も含め、様々な課題が山積していましたが、それを乗り越えた果敢なチャレンジ。彼のその挑戦の姿勢がランブラスの設立理念と一致し、現在のスーパーフォーミュラ参戦にまで至るパートナーシップがスタートしました。
phone
お電話でのお問い合わせ
03-6433-2971
mail
メールでのお問い合わせ
まずはお気軽にご連絡ください